頬骨の整形手術で小顔になれる

アーチ・インフラクチャー法とは

そのような場合に役に立つのが、骨を切ってその位置を内側へと移動させるという整形手術です。
この手術はアーチ・インフラクチャー法と呼ばれるもので、耳の前の部分を一センチほど切開し、そこから頬骨を何か所か切って形を整え、内側に移動させた後にチタンプレートで固定します。
この場合に切開するのはもみあげに近い部分なので、傷跡が目立つということは通常ありません。
この手術を受けた後は、鈍い痛みが残ったり、腫れが一、二週間程度は続いたり、口が開けにくいといったといった問題が生じますが、それらは通常は長く続くものではないですし、また程度も大きいわけではないので、大変と言うほどのものではないでしょう。
これらの整形手術を受けることにより、小顔でスッキリした見た目を手に入れられたり、若々しく見えるようになったり、女性らしく優しそうな顔になったりといった効果が期待できるのですが、それもしっかりとした技術を持った医師の手によってこそです。
これは全ての整形手術に言えることではあるのですが、選択するクリニックによっては、医師の技術が不足していることにより、受ける前の説明通りにはならなくて期待外れだと失望してしまったり、後で思わぬ問題が発生して、そのケアのためのまた手術を受けなければならなくなったりといったように、色々な問題が生じてしまう恐れがあります。
そのためクリニック選びは、色々と情報を集めた上で慎重に行うことが肝心です。

輪郭の整形方法 : 骨を削る : アーチ・インフラクチャー法とは