頬骨の整形手術で小顔になれる

骨を削る

輪郭の整形方法 : 骨を削る : アーチ・インフラクチャー法とは

その手術の方法としてまず挙げられるのが骨削りです。
この方法は頬の皮膚をメスで切開して行うのではなく、口の中や耳の近くの髪の毛の生え際を切開して、そこから特殊な器具を挿入して行います。
そのため、手術後に傷跡が目立つという問題が起こらないという点が大きなメリットの一つです。
手術が終わった直後には腫れが生じても、それが長く続くということはまずないですし、また手術時間もそれほど長くなく、クリニックによっては日帰りで行える場合があるといったように、比較的手軽で受けやすい手術だと言えるでしょう。
ただ頬骨はそれほど厚みがあるというわけではないため、削れる部分もそれほど大きくはありません。
そのため、人によっては削って小さく見せようとしても、それだけではあまり効果が期待できない場合もあります。